沿 革

 

見積り依頼・お問い合わせ

1986年
■株式会社スズキスポーツを東京都調布市に設立
■スズキ・カルタスの競技用部品を開発。販売を開始

1987年
■世界初の軽自動車によるワンメイクレース「アルトワークス カップ」をスタート
■東京都杉並区にヘッドオフィスを開設
■エンジンを2機搭載した独創的なマシン「ツインエンジン カルタス」がダートトライアルにデビュー

1988年
■静岡県磐田郡に研究開発室を開設

1989年
■ドライビングスクール「バーニングラン スズキフォーラム」をスタート
■第28回東京モーターショーに「ツインエンジン・カルタス」「カルタス・Gr.Aラリー仕様」を出展

1990年
■東京都杉並区にTOKYOショールームオープン
■静岡県磐田郡に竜洋ファクトリーが完成

1991年
■初・中級者向けイベント「SSCCチャレンジカップ ダートトライアル」をスタート
■学生向けイベント「カレッジカップ ジムカーナ」をスタート
■竜洋ファクトリー敷地内に物流センターが完成。物流機能を拡大
■第29回東京モーターショーに「ツインエンジン カルタス パイクスピーク仕様」「カルタス・ミッドシップ4WD ダートトライアル仕様」を出展

1992年
■竜洋ファクトリー内にヘッドオフィスを移転

1993年
■全日本ダートトライアル選手権「スズキカップ SSCCダートトライアル」を主催
■第30回東京モーターショーに「ツインエンジン カルタス パイクスピーク仕様」を出展

1994年
■全日本ダートトライアル選手権「スズキカップ SSCCダートトライアル」を主催
■竜洋ファクトリー敷地内にテクニカルセンター・エンジン動力室が完成。最新鋭4輪シャシーダイナモ1基、エンジンベンチ2基 他を導入

1995年
■全日本ダートトライアル選手権「スズキカップ SSCCダートトライアル」を主催
■竜洋ファクトリー敷地内にテクニカルセンター・モデリングルームが完成
■アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて「ツインエンジン エスクード・パイクスピーク仕様」が総合優勝を獲得
■第30回東京モーターショーに「ツインエンジン エスクード パイクスピーク総合優勝車」を出展

1996年
■全日本ダートトライアル選手権「スズキカップ SSCCダートトライアル」を主催

1997年
■竜洋ファクトリー敷地内にデザイン棟が完成。レイアウトマシン他を導入し、スタイリング等の研究・開発を完全内製化
■竜洋ファクトリーデザイン棟内に国内最大規模の3分の1スケール模型風洞実験設備が完成。エアロダイナミクス等の研究・開発を完全内製化
■第31回東京モーターショーに「スズキV6エスクード パイクスピークスペシャル」を出展

1998年
■JAFCUPオールスターダートトライアル「スズキカップ オールスターダートトライアル」を主催

1999年
■JAFCUPオールスターダートトライアル「スズキカップ オールスターダートトライアル」を主催
■第32回東京モーターショーにスズキV6エスクード・パイクスピークスペシャルを出展

2000年
■JAFCUPオールスターダートトライアル「スズキカップ オールスターダートトライアル」を主催
■スズキのモーターサイクル(GSX1300R隼)のエンジンを搭載したフォーミュラマシン「スズキ隼2&4」を開発し全日本ジムカーナ選手権に参戦

2001年
■エントリークラスのフォーミュラマシンとして、モーターサイクルのエンジンを搭載する「フォーミュラ・スズキ 隼」、軽自動車のエンジンを搭載する「フォーミュラ・スズキ Keiスポーツ」を開発し販売を開始
■「スズキ ワンメイクレース シリーズ」をスタート
■JAFCUPダートトライアル「スズキカップSSCCダートトライアル」を主催
■第33回東京モーターショーに「スズキ エリオ・パイクスピークスペシャル」「フォーミュラ・スズキ隼」を出展

2002年
■オリジナルスポーツカー「隼プロトタイプ」を発表
■ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に「スズキ イグニス Super1600」で本格参戦を開始
■「スズキワンメイクレースシリーズ」を全国4ヶ所のサーキットへ拡大
■全日本ダートトライアル選手権第2戦「スズキカップSSCCダートトライアル」を主催

2003年
■ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に「スズキ イグニス Super 1600」4台体制で参戦
■スズキ株式会社との合弁事業として、ラリーカーの開発生産拠点「スズキスポーツ ヨーロッパ」をハンガリーに設立
■スイフト1300のエンジンを1500ccのターボエンジンに改造し、全日本ダートトライアルSUクラスに参戦
■全日本ダートトライアル選手権第2戦「スズキカップ SSCCダートトライアル」を主催
■「新型スズキ イグニス Super 1600」を開発し、フランクフルトモーターショーで発表

2004年
■「スイフトスポーツ Street Sport コンセプト」を東京オートサロンに出展
■ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に「スズキ イグニス Super1600」4台体制で参戦
 シリーズチャンピオンを獲得
■全日本ダートトライアル選手権第2戦「スズキカップSSCCダートトライアル」を主催
■「新型スイフト Super1600 コンセプト」をパリ モーターショーで発表

2005年
■世界ラリー選手権(WRC)全16戦に「スズキ イグニス Super1600」2台体制で参戦。また、第10戦ラリー・フィンランドより「スズキ スイフト Super 1600」を投入。
■「スイフト Super 1600」を東京モーターショーに出展
■世界最速の複合加工マシン INTEGREX(マザック社)を導入。世界選手権を戦うマシンの開発・改良の時間短縮と、高品質、高精度なパーツ加工に対応

2006年
■ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)全9戦に「スズキ スイフト Super1600」2台体制で参戦。
■アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて「スズキ エスクード・ヒルクライムスペシャル」が総合優勝を獲得
■ジュネーブ・モーターショーに、世界ラリー選手権参戦予定車「スズキ SX4 WRCコンセプト」を出展
■パリ・モーターショーに、「スズキ SX4 WRCコンセプト」および「スズキ エスクード・ヒルクライムスペシャル」「スイフト Super 1600」を出展
■生産効率の高い4軸マシニングセンター NEXUS(マザック社)を導入。パーツ製作時間を短縮し、生産量拡大に対応

2007年
■スズキ株式会社より35.06%の出資を受け入れ、関係を強化
■世界ラリー選手権参戦の拠点となる「スズキスポーツ フランス」をフランス・パリ郊外に設立
■ジュネーブ・モーターショーに、「スズキ SX4 WRCコンセプト」および「スイフトスポーツ ラリーカップカー」を出展
■東京オートサロンに、「スズキ SX4 WRCコンセプト」および「スイフト Super 1600」を出展
■FIAジュニア世界ラリー選手権(全8戦)に「スズキ スイフト Super1600」2台体制で参戦
 シリーズチャンピオンを獲得
■FIA世界ラリー選手権に、スズキ初のWRカー「スズキSX4 WRC」で2戦にテスト参戦
■アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて「スズキ XL7・ヒルクライムスペシャル」が総合優勝を獲得すると共にワールドレコードを樹立

2008年
■FIA世界ラリー選手権に、「スズキSX4 WRC」で全15戦にフル参戦
■FIAジュニア世界ラリー選手権(全7戦)に「スズキ スイフト Super1600」で参戦するスズキスポーツ・ヨーロッパをサポート
■アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて「スズキ XL7・ヒルクライムスペシャル」が総合優勝を獲得
■東京オートサロンに、「スズキ SX4 WRC」および「スイフト Super 1600」を出展
■ワゴンR/スティングレー用スズキ純正用品「スズキスポーツ・アクセサリー」を開発・発売
■ラパン用スズキ純正用品「スズキスポーツ・アクセサリー」を開発・発売

2009年
■FIAジュニア世界ラリー選手権(全8戦)に「スズキ スイフト Super1600」で参戦するスズキスポーツ・ヨーロッパをサポート
■アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて「モンスタースポーツ SX4 ヒルクライムスペシャル」が総合優勝を獲得
■東京オートサロンに、「スイフトスポーツ SUZUKI SPORT Limited」を出展

2010年
■FIAジュニア世界ラリー選手権(全6戦)に「スズキ スイフト Super1600」で参戦するスズキスポーツ・ヨーロッパをサポート
 シリーズチャンピオンを獲得
■アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて「モンスタースポーツ SX4 ヒルクライムスペシャル」が総合優勝を獲得

2011年
■株式会社アイアールディーに社名変更
■アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて「モンスタースポーツ SX4 ヒルクライムスペシャル」が総合優勝を獲得
■新型車「MRワゴン」スズキ純正アクセサリーに、アルミホイール他全4アイテムが採用

2012年
■新型車「ワゴンR」スズキ純正アクセサリーに、アルミホイール他全4アイテムが採用
■「モンスタースポーツ E-RUNNER パイクスピークスペシャル」に技術供与

2013年
■新型車「スペーシア」スズキ純正アクセサリーに、アルミホイール他全4アイテムが 採用
■「モンスタースポーツ E-RUNNER パイクスピークスペシャル」に技術供与
 アメリカ、パイクスピークヒルクライムにおいて電気自動車部門優勝を獲得
■新型車「ハスラー」スズキ純正アクセサリーに、アルミホイール他全4アイテムが採用